人気ブログランキング |

2019年 08月 03日 ( 1 )

 久しぶりにリビングで寝てしまい
 体が痛い・・・コジコジ店長です。





 先日きれいな2重の虹が出来てましたね♪



 一応写真撮ってみました☆


f0172281_7121951.jpg



 そもそも虹ってなんで出来るんでしょうね♪


 得意のコピペ


空気中の水滴が光を七色に分解

雨上がり、あるいはまだ雨が止んでいないときに日が射してきたら、太陽のある方向と逆の方向(太陽を背にして前方に雨が降っているとき)を見てみましょう。幸運な場合、きれいな虹の全体(主虹と副虹の2本の場合も)あるいは虹の橋の一部分を見つけることができます。しかし太陽の高度が高いと虹は低く小さくしか見えません。朝や夕方の方がきれいで大きな虹が見えます。

虹とは、赤から紫までの光のスペクトルが並んだ円弧状の光です。太陽の光が空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて七色の帯に見えます。雨上がり、水しぶきをあげる滝、太陽を背にしてホースで水まきをした時、霧吹きを使用したときなどによく見ることができます。 通常見られる主虹の色は屈折率の違いから、外側の赤から始まって橙、黄、緑、青、藍および紫です。 ときには2本目の副虹が現れることがありますが、この場合の色の配列は主虹と逆となります。また、副虹の色は主虹よりうすくなります。




 おおおっ…


 なるほど~

 為になるね~~~(もう中学生風)(笑)









.