人気ブログランキング |

2008年 10月 03日 ( 1 )


 今日は普段お客様からは見れない裏側を紹介します。
 カラーブース
カラーブース_f0172281_10445666.jpg

 常に約200種類のカラー剤をおいております。
 写真には写っていませんがまだたくさんそろえております072.gif
 その中から、お客様の髪の状態や髪質にあわせ、選んで調合します。
 
 ちなみに、サロンカラーとホームカラーの違いを!  
  それはヘアカラーの2剤に、とっても大事な役目があるからなんです。
  美容室で染めるメリットは、2剤の使い分けができるというのが
  最大のポイントです。
  染料が入った1剤にいろんな種類があるように、2剤の過酸化水素にも
  濃度の違いがあり、髪の状態や目的で使い分けしています。
  カラーをする多くの人は月に1回など継続している人。つまり、髪の90%
  は既染部の状態。その上からカラーをしても残った色素やダメージによって
  色ムラや傷みができてしまいます。
  そこで2剤の使い分けをするんですね。ホームカラーの2剤(過酸化水素)は
  6%、対して美容室の2剤は1~6%のものがあり、使い分けできます。
  過酸化水素はブリーチに深く関係するので、必要以上の濃度はダメージに
  直結します。
  髪の状態に合わせて薬剤をチョイスでき、カラーバリエーションも豊富な
  サロンのカラーリング。
  この違いは大きい!と思います034.gif
  ホイルワークなどでのハイライト&ローライト等、部分的に色を
  変えることもできますしね。