七夕

 今日はカルピスの日ですね。。。
 カルピスは少し濃いめに
 作るのが好きな・・・コジコジ店長です。






 今日は7月7日かぁ・・・




 七夕ですね♪



 天の川…見えそうにないですね(ToT)


 
 七夕の日はたいがい雨やし、


 晴れてても気にした事ないし(笑)

f0172281_7262895.jpg



 そういえば


 織姫と彦星の話ってどんなんでしたっけ??




 得意のコピペです(笑)



夜空にきらめく天の川の近くに天の神様が住んでおりました。

天の神様には機織りがとても上手な「織姫」という娘がおり、
世にも美しいはたを織っていました。

天の神様はそんな娘がとても自慢でしたが、
織姫ははたを織るの忙しく、年頃になっても結婚できずにおりました。

かわいそうに思った天の神様は
織姫にふさわしい婿を探すことにしました。

あちことを探し回り、一人の若者に出会いました。

若者は「彦星」といい、牛の世話をしたり
畑仕事に精をだしたり、とても働きものでした。

織姫と彦星はお互いにひとめで好きになり、結婚しました。

二人はとても仲良く暮らしておりましたが、
遊んでばかりでちっとも仕事をしなくなってしまいました。

織姫が機を織らなくなったので、皆の服はボロボロに、
彦星も仕事をしなくなったので、畑の作物は枯れて、牛も病気になってしました。

怒った天の神様は
織姫と彦星を天の川の東と西に引き離しました。

広い広い天の川でお互いの姿もみることができなくなったのです。

それからというもの、
織姫は泣いてばかり、彦星は家に閉じこもってしまいました。

困った天の神様は言いました。

「おまえたちが前のようにまじめに働くのなら、
一年にいちど 7月7日の夜だけ会うのを許そう」

その言葉に、織姫も彦星も心を入れ替え
まじめに働くようになりました。

やがて待ちに待った7月7日の夜になると
織姫と彦星は天の川をわたり一年に一度のデートを楽しみます。

しかし、その夜に雨が降ると川の水かさがまして川をわたることができません。

すると、どこからかカササギという鳥の群れがやってきて
天の川の橋となり、ふたりをあわせてくれるのでした。

めでたし、めでたし。




 
 なるほど(笑)


 



.
[PR]
by cozy-cozy-hair | 2018-07-07 07:32 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cozycozyh.exblog.jp/tb/29918711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。