人気ブログランキング |

内容成分


 前回のブログの続きです。
 いい所と悪いところをまとめると。。。


 ☆アルコール系

・アルキル硫酸Na・ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・パレス硫酸・硫酸塩ラウレス

 ◎泡立ちは良い、でも洗浄力は強い
 ◎皮膚への刺激が多少ある、頭皮に成分が残りやすい
 ◎原料が安いので安価な商品が作りやすい



 ☆石鹸系

・石ケン素地・ヤシ油脂肪酸N・ラウリン酸ナトリウム・ラウレス-3酢酸ンNa

 ◎生分解がよく、洗浄力がある
 ◎アルカリ性だからパーマ、カラー毛髪には不向き
 ◎石鹸カスが髪に残りやすいために、洗い上がりの髪が束になりヘアスタイルが作りにくい
 ◎ヘアカラーの色が一番落ちやすい
 



 ☆アミノ酸系

・ココイルグルタミン酸TEA・ココイルケルコシンNa・ラウロイルメチルアラニンNa

 ◎髪と同じアミノ酸のため、とてもやさしい
 ◎カラー色持ちも良い
 ◎生分解性も良く・低刺激である
 ◎洗浄力が弱い
 ◎タンパクアレルギーの人には痒みが出る場合がある


 その他にもベタイン系洗浄剤、グルコシド系洗浄剤、
 たんぱく質系洗浄剤 などがあります。


 一般的にアルコール系は、石油系とも言われる合成洗剤の一種ですが
 洗浄力が強く、生分解性が悪く環境に悪い、
 カユミやふけの原因にもなり、
 頭皮から吸収され体の内部にまで悪影響を与えると指摘する人もいます。
 最近女性を中心に、若い人の薄毛が増えてきたといわれていますが、
 この洗浄剤が原因とも言われています。

 石鹸系もアルカリ性というのが致命的で
 カラーやパーマをしている方には不向きかもしれません。

 アミノ酸系や他のたんぱく質系等は美容院やネット販売等でも、
 よくお勧めのシャンプーとして登場しますが、
 マイルド・低刺激というと一見良さそうですが、
 言い換えると洗浄力が弱く頭皮や髪のよごれと取りきれないという
 欠点になります。
 特に表示成分無添加や植物性でマイルドとかが謳い文句の
 シャンプーを良く見かけますが、
 脂性肌の方は頭皮の洗浄が不十分であったり、
 ヘアカラーやパーマなどの薬品を使用した髪などでは薬液の残留が心配です。

 
 洗剤成分だけで見ると、どれも長所と短所があり、
 ベストと言える成分は無いような気がします。
 実際のシャンプーはこれらの洗剤成分をミックスして
 作られている商品も多く、頭皮や髪の状態にもよりますが、
 ベストなシャンプーというのは洗剤成分だけでは判断出来ないと思います。
 洗剤成分だけを解析してこのシャンプーは良いとか悪いとか
 判断するのは難しいです。。。




 シャンプーって 奥が深い~~~



 




COZY COZY HAIR ホームページはこちら



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村 ←こちらもポチッと押してください。byコジコジ店長

人気ブログランキングへ ←よかったらこれもポチってください。byコジコジ店長
by cozy-cozy-hair | 2011-04-22 06:46 | コジコジ シャン&トリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cozycozyh.exblog.jp/tb/15852118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。